ライイング・トライセプエクステンション

<主に鍛えられる筋肉 ・・・ 上腕三頭筋,広背筋

台の上に仰向けに寝て、シャフトをひじで頭の上から上に持ち上げる動作です。

このトレーニングでは上腕三頭筋が中心に鍛えるもので、ひじをなるべく動かさないようにすることで、より高い効果が得られます。アームカールと反対側の筋肉を鍛えることができるので、常にアームカールとセットで行うと良いでしょう。

注意しなければならない点は負荷が大きすぎると肘の関節と靭帯を痛めていしまう可能性がある点です。画像のように補助に入ってもらい、シャフトが下がり過ぎないようにしてもらいましょう。また、無理に大きな負荷で行うことは避けたほうが良いでしょう。

管理人と部員N氏のコラボ動画はこちら!



○トレーニング後のストレッチ箇所

上腕三頭筋が伸びるようにすることと、肩関節のストレッチが良いでしょう。



○起こりうる障害

・肘関節障害

負荷が大きすぎたり、回数を増やすと肘に障害が出る恐れがあります。もし、痛めてしまった場合には、すぐにアイシングしてしばらく痛みが引くまで肘を使うトレーニングを中止することをお勧めします。