トレーニングと食事と休憩

トレーニングは毎日行っても筋肉はつきません。前述したとおり、壊れた筋肉が回復するのを待って次のトレーニングを行います。ではどれくらいで回復するのでしょう?それは、マシン等のかなり大きな負荷で行った場合には2日間ほど間を空けると、よいと思います。ただし、筋肉の回復は個人差もあり、一概には言えません。管理人は1週間に2回を目安にトレーニングをしています。何より社会人としてそんなに時間がありませんから。あまり、休憩を取りすぎるのもよくありません。筋肉の維持であれば週1回でもよいでしょう。目安は筋肉の感覚がしっかり戻ってきたら行ってもよいでしょう。

 食事はよく、トレーニング後1時間以内に摂取するのがよいといわれています。これも実際には難しいところですね。だって、多くの人はフィットネスクラブでトレーニングするわけですから、トレーニングを着替えてすぐご飯! というわけにはいきません。管理人がお勧めするのは、当たり前なのですが、どの食事でもたんぱく質を多めにとるよう心がけることです。できれば動物性と植物性は5:5を限度に動物性たんぱく質が多すぎないように取れるとベストです。植物性にこだわるのは、成人病を考慮してです。動物性たんぱく質のほうが筋肉になりやすいといわれてますが、同時に油を多く取りやすいです。また、現代食の中で肉は普通に出てきますので、植物性たんぱく質にこだわるとちょうどよいと思います。また、トレーニング中に摂取する水分にアミノ酸を入れておくのもよいでしょう。

 食事でもうひとつ大切なのは筋肉を動かした際に使用したCaを回復することと筋肉のエネルギー源である炭水化物を補給することです。Ca補給は牛乳等で、炭水化物補給はご飯、パンなどです。


<食事での注意!!>

1.たんぱく質をどの食事でも多くとるよう心がける。特に植物性!

 (動物性:肉・魚 ,植物性:豆腐や納豆なのどの大豆・小麦)

2.牛乳を飲もう!

3.炭水化物もしっかり取りましょう

4.疲労回復にはビタミンCです (柑橘系など)