初めに

はじめの一歩

あなたの最大筋力は?

トレーニングの回数は?

トレーニングでの休憩時間は?

筋力を上げる方法

トレーニング紹介

管理人の日記(たまに更新)

掲示板



 何かあればこちらまで!

  mrk515@mail

〜イントロダクション〜

“筋力”を挙げる方法は実はウェイトトレーニングだけではないのです。初めにでお話している通り、運動で効率よく筋肉を使うにはウェイトトレーニングのほかにプライオメトリックと呼ばれるトレーニングや、それを含んだSAQと呼ばれるトレーニングが必要です。これらを次以降ページで説明していくことにします。次のページは一番下から入れます。



筋肉のつけ方

筋肉をつけるのは意外と根気が必要です。簡単ですが、筋肉をつけるに必要だと思えることを列挙しました。


1.継続して行うこと 

2.現状に合わせてて負荷を大きくしていくこと 

3.筋肉の回復時間をしっかりとること 

4.たんぱく質をしっかり摂ること

筋トレをすれば筋肉が破壊されます。そして、以前よりもより太い筋肉が再生されます。この繰り返しで筋肉は肥大していきますから、トレーニング・食事・休息のサイクルをしっかり繰り返しましょう。

また、トレーニングではある程度の負荷がなければ、効果が得にくいものです。どの程度の負荷をかけるかは下の内容を参考にしてください。  



筋肉の鍛え方〜

  筋肉を鍛える目的はいろいろでしょうが、筋肉を鍛える方法は大きく分けて3種類あります。

    


A 筋持久力の向上

B 筋肉の肥大による筋力の向上

C 筋肥大を伴わない筋力の向上

  Cの方法は筋肉につながっている神経を刺激して、より多くの刺激を筋肉に与えることでより大きなパワーを発揮します。AとBの方法は直接筋肉を鍛えることになります。

 では、どうやってこれらの目的別のトレーニングをするのでしょう?それはズバリ、“負荷の大きさ”です。負荷の大きさ次第で筋肉の使われ方が違うので、それに合わせてスケジュールを立てる必要があるでしょう。 

 

  トレーニングしたい筋肉で、最大筋力に対して何割の力でトレーニングするかがポイントです。

  
強度 トレーニング効果
100%〜85%
運動神経中心の向上
85%〜80% 筋肥大及び神経系による筋力の向上
80%〜60% 筋肥大
60%〜50% 筋持久力の向上

これはあくまで目安です。90%の負荷でトレーニングをしたら筋肥大は起こらないかと言えば、一概には言えないでしょう。ただ、上記の内容のトレーニングをするのによりよい条件であるということです。

 

        次のページに行く